和歌山で行われる淡嶋神社の雛流しと人形供養

毎年3月3日に行われる「雛流し」。

和歌山市加太にある淡嶋神社は人形供養の神事で有名です。

全国から奉納された雛人形を海に流し供養しています。

雛流しの神事と人形供養についてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

淡嶋神社

 

和歌山市加太に位置する淡嶋神社。

人形供養や安産祈願など女性が多く訪れる神社でもあります。

目の前は美しい加太港が見え、時期によってはそこで上がったワカメの天日干しなどを見ることもできます。

 

 

 

 

駐車場

 

淡嶋神社の横にTimesの駐車場があります。

参拝者は30分割引があるようですね。

こことは別に神社前にある漁港の駐車場も利用できます。

普通車は700円です。

どちらも台数はそれほど多くなく周辺にもあまり駐車場がないので、雛流しの時には早めに来る方が良いです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

周辺情報

周辺にはお食事や温泉、宿泊も可能です。

ランチ

神社の手前にある有名なお店「満幸食堂」。

こちらはボリュームのあるしらす丼がとっても有名です。

口コミでも高い評価があるお店なので、神社に訪れた時にはぜひ行ってみてくださいね。

 

満幸食堂の口コミを見てみる

 

温泉と宿泊

神社の目の前にある「ひいなの湯」。

 

 

こちらでは日帰り温泉や宿泊もできます。

日帰り温泉は、大人1,200円、子供600円。

家族やカップルで使える貸切風呂もありますよ。

1組45分で3,000円(税別)。

ランチもできます。

 

 

雛流し

 

3月3日正午に始まり、境内にはすでにたくさんの雛人形が並べられています。

舟には春らしい菜の花と桃の花が。

 

 

始めに境内では、近くの幼稚園児が歌奉納が行われます。

とっても可愛い歌声にほっこり。(※2020年は歌奉納はなし)

その後は巫女さんたちによって神事が進められます。

 

 

小舟に乗せられた雛たちは、女性達によって海へと運ばれます。

これを担いで運ぶことができるのは女性のみで、私も参加させてもらいました。

(※2020年は車にて)

 

 

500メートルほど離れた桟橋まで歩きます。

 

 

堤防沿いにはたくさんの人が見守っています。

 

 

 

この小舟はこの後引き上げられ、そのまま浜辺でお焚き上げされます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

人形供養

神社に置かれていた机にお人形の収める方法が書かれていました。

淡嶋神社のサイトにも書かれてあるので収められる方は調べて見てください。

 

最後に

小舟に乗ったお雛様が海に流されてる光景は少し寂しさもありますが、情緒がありとても良かったです。

女性のお祭りということで、女性には特に行って見てもらいたいと思います。

境内での写真を撮りたいのであれば、1時間以上前に行かないと良いポジションを取るのは難しいですが、待つ間寒いので暖かい格好をしてくださいね。

 

 

オンライン英会話人気No.1のDMM英会話
圧倒的な低価格と世界134カ国10,000人以上の講師による質の高いレッスンが魅力のサービスです。
お家から世界中にいる講師と話してみませんか?
無料体験レッスンがメールアドレスだけで始められます。

DMM英会話の無料体験をやってみる

スポンサーリンク