【大阪舞洲ネモフィラ】割引チケット・見頃時期・混雑状況・アクセスなど

ネモフィラと言えば、茨城県の「国営ひたち海浜公園」が一番有名ですが、関西にも2019年に大阪舞洲に誕生しました。

その前はユリ園だったのですが、台風でユリがダメになってしまいネモフィラに変えたようですね。

ユリ園も綺麗でしたが、ネモフィラはご存知の通り青い花なので、海に面しているこちらでは一面青い世界を見ることができます。

見頃時期や混雑状況などをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

大阪まいしまシーサイドパーク

出典:大阪まいしまシーサイドパーク

 

開園期間 2022年4月8日〜5月8日
時間 平日9:00〜17:00  / 土日祝9:00〜18:30
料金 大人 1,200円 / 4歳〜小学生 600円

 

100万株のネモフィラが海のそばに咲き、青の世界が広がっています。

ユリ園も素敵でしたが、広大な土地にネモフィラが関西で見られるのは本当に嬉しい。

入園チケットは事前にネットから購入する方がかなりお得です。

1200円のチケットが300円安い900円で購入できます。(4月6日までなのでお早めに!)

現地でチケットを買うために並んだりする必要もないので当日もスムーズです。

日付指定とかではないので、期間内にいつでも利用できるのも安心。

当日はスマホを忘れずに!

チケット購入はこちら↓

kkdayで前売りチケットを見る

 

 

 

ネモフィラの見頃時期

その年の気温などにもよりますが、GW前(4/20〜25)辺りが見頃となることが多いです。

2021年の舞洲のネモフィラは4月15日に公式サイトでは見頃ということでしたが、実際行ってみるとまだ全面満開ではない状況でした。

場所によって咲きがまばらなところもあると言った感じでしょうか。

公式サイトに加えて、インスタなどでまめにチェックしておくのがベスト。

大阪まいしまシーサードパーク

 

スポンサーリンク

 

アクセス(バスでの行き方)

 

車で行く時の駐車場

車で行く場合は「舞洲陶芸館」で検索して行きましょう。

駐車場は1,800台分で、800円です。

かなりとめれるから全然大丈夫って思うかもしれませんが、年々来園者が増えてきているので行く時間帯を間違えると大変なことに。

見頃を迎えると平日でも人が多く、週末では駐車場に車を入れるのに2時間待ちになることもあります。

オープンと同時に行くのがおすすめです。

 

公共交通機関での行き方

JRゆめ咲線「桜島駅」下車

桜島駅を出るとバスが何台も並んでいるので、どのバスに乗って良いか分かりづらいです。

道を挟んで向こう側のバス停まで行きます。

写真にある黄色のバスがそれで、これからバスに乗ろうとして待っている人の列が写っています。

これで平日の午後2時くらいです。

バスの時刻表は公式サイトに。

1時間に3〜5本出ているので使いやすいです。

所要時間は15分。

料金は前払いで現金のみなので事前に210円準備しておきましょう。

「ホテル・ロッジ舞洲前」で下車。

バスを降りて右側へと数分歩くと左手にシーサイドパークが見えてきます。

なお、帰りのバスも同じ場所からです。

このバス停表示のあるところです。

 

平日の午後でしたが、思ったより人が並んでいたので休日に行かれる予定の方は、バスの出発時刻よりも少し早めに行って並んでおいた方が良いでしょう。

 

Osaka Metro 中央線「コスモスクエア駅」下車

北港観光バスのコスモドリームラインを利用。

同じく「ホテル・ロッジ舞洲前」で下車。

ここからは所要時間20分です。

30分間隔でバスが出ています。

 

スポンサーリンク

 

混雑具合

年々来園者が増えてきているので、平日でもかなりの人が来ています。

10時〜15時あたりが一番混雑します。

週末においてはオープン時と5時以降あたりだと比較的空いています。

ここは夕日も綺麗なのですが、夕日の時間帯にオープンしているのは週末のみなんですよね。

夕日狙いで15時とかに行くと駐車場待ちの大渋滞に巻き込まれるので要注意です。

 

トイレ

2021年はトイレは一旦外に出て行かないと行けなかったのが、2022年は園内にトイレが設置されていました。

トイレは数はありますが、簡易トイレなので、私が困ったのが荷物を置く場所。

複数のバッグで一人だと本当に困ります。

一人だと荷物は最小限にするか、S字フックを持っていくのもありかも。

 

スポンサーリンク

 

ネモフィラの見所

数年前から観光地で良く目にする場所名のモニュメント。

入り口近くにあります。

この周辺はお店があったり、写真を撮ってもらうことができるフォトスポットがあったり、出入り口周辺なので、とにかく人が多いんですよね。

ここで写真を撮りたいなら早めに行きましょう。

 

 

モニュメントの裏側はこんな感じ。

右上に見えているのがフードコーナー。

 

ここは最初にあった地図の一番右側のところになります。

園内の一番端のところですね。

この周辺には桜が植えられているので、早い時期に訪れると桜とネモフィラのコラボを見ることができます。

ただネモフィラがまだ咲き揃っていないのでなかなか難しい。

ネモフィラ、海、空の青の三重奏が本当に綺麗。

 

広いネモフィラ畑には所々にキャラクターの「ネモにゃん」がいるので探してみてね。

寝てるネモニャンもいましたよw

 

フードコーナの前の部分はこのようにチューリップとのコラボを見ることができます。

可愛いですよね〜。

 

いろいろポイントによって見え方が変わるので写真をとっていてとっても楽しい。

だからついつい長居してしまうんですよね。

ここは海の側だから日差しが強いし、でも海風があると日によっては寒い。

日焼け対策は万全かつ、1枚羽織るものがあるといいですよ。(まぁ、その日にもよりますが)

 

フードコーナーはこんな感じで、簡易の椅子があるだけです。

奥にたこ焼きやコーヒーなど軽食やドリンクは販売されていました。

出典:大阪まいしまシーサイドパーク

ハンカチなどのお土産コーナーもありましたよ。

 

スポンサーリンク

 

関西その他のネモフィラの名所

今回は大阪舞洲にあるネモフィラを紹介しましたが、他にもネモフィラが見られる場所がいくつかあります。

 

大阪 長居植物園
鶴見緑地公園
万博記念公園
兵庫 淡路島国営明石海峡公園
ひまわりの丘公園
奈良 馬見丘陵公園
滋賀 ブルーメの丘

 

ここに紹介したところは比較的ネモフィラの数も多いので楽しめると思います。

春にしか見られない絶景にぜひ会いに行ってきてくださいね!

チケット購入はこちら↓

kkdayで前売りチケットを見る

 

 

最後に。

ここ舞洲シーサイドパークはUSJのすぐ近くなんです。

遠方から来られるなら両方楽しみましょう。

宿泊でコスパを求めるなら断然ここのホテルがおすすめ!

 

 

 

オンライン英会話人気No.1のDMM英会話
圧倒的な低価格と世界134カ国10,000人以上の講師による質の高いレッスンが魅力のサービスです。
お家から世界中にいる講師と話してみませんか?
無料体験レッスンがメールアドレスだけで始められます。

DMM英会話の無料体験をやってみる

スポンサーリンク