映画「LION ライオン25年目のただいま」をアマゾンプライムでみた感想

偶然見つけた映画「LION ライオン25年目のただいま」。

とても重く、そして悲しい現実。

まだまだ自分は世界のことを知らないなと思い知らされた映画の一つになりました。

 

スポンサーリンク

あらすじ

インドで迷子になった5歳の男の子が、25年後にGoogle Earth で故郷を探し出したという実話。

1986年、主人公の5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しに出かけたとき、一人電車の中で眠ってしまい遠くの見知らぬ街まで来て迷子になってしまう。

自分と話す言葉も違う街で、行くすべもなくストリートチルドレンとなり、児童売買組織に売られそうになったりしたが、児童保護施設に引き取られ、その後オーストラリアの子供のいない夫婦の養子としてオーストラリアへ渡る。

里親となった夫婦は素敵な人で、恐怖や人間不信で苦しんできたサルーを笑顔ある青年に育てる。

しかし、成人したサルーは幸せな生活を送るとともに、自分の故郷にいる家族への想いは募るばかり。

ある時、サルーは友人たちに自分は迷子だと告白。しかし自分はまだ幼く、町の名前もうる覚えで存在していないと話す。

その時ある友人は「グーグルアースなら何でも探せる」とアイデアを出す。

それ以降サルーは自分のおぼろげな記憶とグーグルアースを頼って、故郷を探し始める。

そして遂に自分が生まれ育った故郷を見つけ、自宅へ戻り母に「ただいま」と言うことができる感動のストーリー。

出典:アマゾンプライムビデオ

 

スポンサーリンク

 

感想

この映画が実際今もインドでは現実的に起こっていることだと知って本当にショックでした。

映画では主人公一人についてのストーリーですが、インドでは毎年ものすごい数の子供が行方不明となっている(数字はあえてここでは控えておきます。映画でみて欲しいので)ことが信じられないし、自分たちが置かれている環境がいかに幸せなのかと痛感しました。

唯一救われたことは、養父母が本当に良い人たちだったこと。

主人公のサルーは、25年間も迷子になったことは本当に不幸だけれど、素敵な養父母と出会え、時間はかかったが、自分の故郷に戻ることができたというのは本当にラッキーだったと思う。

号泣はしなかったけれど、それよりも胸にずっしりとくるものがあり、こういう現実があるということを知ることができたのは良かったと思いました。

 

Amazonプライム会員の特典の一つで、月額500円(税込)でプライム会員になれます。(年会費は4,900円)
30日間の無料お試し期間があるので、primeと表記されているものは無料で見ることができます。
紹介した「LION25年目のただいま」はプライムのため、お試し期間中に無料で見れます。
アマゾンプライム会員になると、映画だけでなく200万曲以上の音楽が聴き放題やamazonから配送される商品は配送料無料などの特典があります。

Amazonプライム会員登録をする

 

オンライン英会話人気No.1のDMM英会話
圧倒的な低価格と世界134カ国10,000人以上の講師による質の高いレッスンが魅力のサービスです。
お家から世界中にいる講師と話してみませんか?
無料体験レッスンがメールアドレスだけで始められます。

DMM英会話の無料体験をやってみる

スポンサーリンク