ランカウイ島のマングローブツアーで大自然を感じ非日常の世界へ

ランカウイは田舎でまだまだ開発途上の島。

そんな島でどこに観光に行こうか?

私がランカウイ島に行ったのは、自然と思いっきり遊びたかったから。

これから紹介するアクティビティは、小さな子供さんから年配の方まで楽しめます。

マレーシア旅行に行って1番の思い出になったので、詳細にレポートしたいと思います。

こちらのツアーは日本人の方が経営しているので、英語も不要。

安心・快適で思いっきり楽しめます!!

 

 

スポンサーリンク

ランカウイ倶楽部

マングローブカヤックツアー。

マングローブの森をカヤックでツーリングするというものです。

団体でボートで巡るマングローブツアーより、格段に自然を感じることができます。

今回お世話になったのが、ランカウイ倶楽部さん。

 

ツアー概要

ホテルを出発してから到着まで約7時間のツアー。

料金は350RM(約9800円)。6歳以上の子供さんから参加可能です。

料金は当日、リンギッドか日本円にて現地でお支払い。

大まかな流れは以下の通りです。

15時 ホテルにお迎え。45分ほど車で移動。

16時 カヤックの準備等

17時 カヤックスタート(コウモリの洞窟、ティーブレイクなど)

20時 夕食

21時 イカダ→桟橋へ(途中、夜光虫を見ることができます)

22時 ホテル着

 

準備物

濡れてもいいように、水着を着用して上から何か羽織っていくのがおすすめ。

お水、必要ならお菓子少し、ツアー代金(現地通貨か日本円の現金)、虫除けスプレー、着替え、タオル。

カメラ(できれば防水。万が一のため)、スマホなら防水スマホケースあったほうが◎

パスポート(誓約書にパスポートナンバーを書くのに必要。カヤックに乗るときは着替えを置いておく部屋に一緒に置いておきました。)

その他必要なものは防水バッグに入れておくと安心。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ツアー詳細

まずはマングローブツアーの発着点の港へ、手配されたタクシーで集合。

港といっても、川にできたツアー用のボート専用の港みたいな感じです。

ここからさらにボートに乗り換え、河口?湾内?の筏へ移動。

海の上に浮かぶ筏が、カヤックツアーのベースキャンプとなります。

この筏は水上ハウスといった感じで、筏の上に部屋(小屋)がいくつかありトイレもあります。(下は海へ直結のトイレですが)

ここでツアーの締めくくりの夕食もとります。

この水上ハウス単に浮いている筏なので、ゆらゆらと不安定で何より結構年季が入った小屋でかなりワイルド。

ここで虫刺され予防や濡れて寒くならないように、ウエットスーツを着用。

ツアー中、蚊が結構いてるのかなと心配でしたが、ほとんどいませんでした。

出発前にはトイレに行くのも忘れずに。夕食に戻ってくるまでトイレはないです。

着替えや料金の支払いが済んだ後は、必要なものだけ持ってさらにボートでカヤックツアー出発点へ移動します。

今回私たち家族は一緒に来た友達家族と、夫婦やお友達ペアの方たち3組がこの日のグループ。

全部で14人。

まずは広く流れの穏やかなところまでボートで移動。

そこからは二人一組に分かれてカヤックへ。

子供は基本大人と乗り、経験者や大人がカヤックの舵取りをできるように後ろに乗ります。

持参した荷物は貸してくれるプラスチックボックスに入れて各自で持つことができます。

でも密閉されているわけではないので、絶対に濡らしてはいけないようなものがあれば、防水ケースに入れて身につけておく方が安全。

まず始めに皆んなでカヤックの漕ぐ練習を行います。

子供でもできるのかなと少し心配でしたが、思ったよりも難しくなく一安心。

練習後は、ガイドさんの後についてマングローブを進んでいきます。

途中、マングローブに住んでいる色々な生き物に出会うことができます。

最初に遭遇したのが鷲(シロハラウミワシ)。ランカウイには鷲がたくさんいて、これはランカウイの名前の由来でもあります。

「ラン」=「鷲」、「カウイ」=「大理石」を意味しています。

他には、カニクイザル、蛇、マッドスキッパー、ミズオオトカゲに出会いました。

動物を見ながらマングローブの森を進んで、次はコウモリに会いに洞窟へ。

ここでは一旦カヤックから降りて、洞窟探検の始まりです。

洞窟はそんなに大きなものではありません。少し歩いて進むと小さく狭い入り口があるので這いつくばって中へ。

真っ暗の小さな洞穴の中に集まり、ガイドさんがペンライトの明かりをつけてくれるとそこにはコウモリたちが!

こんな間近でたくさんのコウモリを見るのは初めてで皆大興奮。

ここでグループごとに写真を撮ることもできます。

そしてまたカヤックに戻ってマングローブを進みます。

夕暮れが近づいて来る前にカヤックでティータイム。このときは18時くらいだったかな。

マレーシアで有名なボーティー(ミルクティー)とお菓子を配ってくれます。

私たちはこの後細いマングローブトンネルを抜けてイカダへ戻りましたが、水の中に入ってフローティング体験もできますよ。

綺麗な夕景。

自然を満喫した後は、今回一緒に回ったグループみんなで夕食。

現地の方が作ってくれた食事です。

5種類くらいのお料理を大皿で用意してくれているので、みんなでシェア。

とっても美味しかったですよ。

飲み物もお水、ジュース、ビールから選べます。

全員で乾杯した後は、自己紹介したり、旅の話をシェアしたり、本当に楽しいひと時でした。

夕食の時に、運が良ければ、獲れたイカを焼いてくれることもあるそうです。

残念ながら私たちのときは獲れず。

夕食後は、ボートに乗って桟橋へ。

このとき、夜光虫が見れるのですが、天の川にいるようでとっても幻想的でした。

桟橋からホテルまでドライバーさんが送ってくれます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

他のオプショナルツアー

これとほとんど同じような内容のオプショナルツアーが他にもあります。

 

マレーシアの旅行会社が主催しているカヤックツアー。

このツアーの詳細を見てみる

こちらは5歳以上のお子様から参加可能で、大人290RM(約7,320円)、子供190RM(約4,800円)。

(あれ?私たちが参加したツアーよりも安いですね(小声))

日本語インストラクターもつくので安心ですね。

 

他にも主催がH.I.Sのものもあります。

ツアーの詳細を見てみる

こちらは4歳以上のお子様から参加可能。料金は先ほどのものと同じで日本語ガイドもありです。

 

参加者の皆さんのレビューもたくさんあるので参考にしてみてください。

 

 

最後に

ランカウイでのこのツアーは参加して本当に良かったです。

決して安くはない金額だけど、それだけの価値は本当にあると思います。

カヤックでマングローブを巡るのももちろん楽しかったけれど、みんなで食事をした時が一番楽しかった!

私にとって旅先で出会った人とお話をするのが旅の醍醐味。

ぜひこちらのツアーに参加してみてください。

旅の忘れられない思い出になるはずです。

 

オンライン英会話人気No.1のDMM英会話
圧倒的な低価格と世界134カ国10,000人以上の講師による質の高いレッスンが魅力のサービスです。
お家から世界中にいる講師と話してみませんか?
無料体験レッスンがメールアドレスだけで始められます。

DMM英会話の無料体験をやってみる

スポンサーリンク